高槻精神障害者スポーツクラブ WEARE
お知らせ
2013.10.19

第13回全国障害者スポーツ大会 オープン競技 第1回精神障害者フットサル大会 大会報告

第13回全国障害者スポーツ大会 第一回オープン競技 精神障害者フットサル大会に近畿代表として我らのYARIMASSE大阪が出場しました!

 

あ、どうも!名(迷)司会、お笑い担当の久米です(^_^)

 

さて、本題の大会の内容ですが、全国各地の地区代表全8チームが集結し、グループリーグ予選、決勝トーナメントが執り行われました。

我らがYARIMASSE大阪はグループリーグ初戦のNorthernUnited(北海道、青森、宮城代表)との一戦から波乱の幕開けでした。聞いたところによると、NorthernUnitedは今日初めて顔を合わせるメンバーがいるとのこと。これはchance!かと思いきや、蓋を開けてみると強い!まさかの4-0という負けを喫し、精神的ダメージを受けながら、もう負けが許されない状況で迎えた第2戦、対Flaccida東京(東京B代表)。前半で2-0で折り返し、後半は何とか1点を返すものの試合時間が残りわずかとなり、誰もがグループリーグ敗退を覚悟をした残り1秒、ドラマが起きました。必死でディフェンスし、跳ね返したボールがYARIMASSE大阪のエースの元へ!(この先は体育館の柱で全く見えませんでしたが)相手陣地でボールを受け、ドリブルからの左足一閃!渾身のシュートを突き刺し、辛くも同点で試合を終えました。土俵際で踏み留まったYARIMASSE大阪の志気はグ~ンと上がり、続く対アトムズ甲府(山梨代表)戦は、2-0と快勝し、(Flaccida東京の結果次第でもありましたが)見事にグループリーグを2位で突破しました。

 

決勝トーナメントでは岡村団長率いる?YARIMASSE大阪応援隊のチャントが会場を飲み込み、トーナメント初戦の埼玉CAMPIONE(埼玉代表)戦は1-1のドロー、延長PK戦の末に勝利を納めました。そして大会climaxの決勝戦へ。迎えるはグループリーグ初戦で負けを喫したNorthernUnited。ここで初戦の悔しさを返しつつ優勝!というような最高の舞台が整いました。前半は初戦と同様に攻勢に出るNorthernUnited、その猛攻をチーム全員で跳ね返すYARIMASSE大阪。猛攻を凌ぎつつ、僅かなスキをついて攻め立てるものの得点には到らず、0-0で折り返しました。後半に入ってもNorthernUnitedは攻撃の手を緩めることなく、一進一退の攻防を繰り広げ、正に決勝戦の名にふさわしい展開となりました。そんな中で一瞬のスキをつかれNorthernUnitedのロングシュートがゴールに突き刺さり、その後反撃に出るものの更に1点を追加され万事休す。我らがYARIMASSE大阪は2-0で敗れましたが、見事な準優勝でした。しかし、振り返るとグループリーグ敗退の危機というドン底からの準優勝!こんなにドラマチックな大会を送ったチームは他にはないでしょう。悔しさ、絶望、希望、喜び、勇気、感動と色んな感情が沸き上がった記憶に残る素晴らしい大会でした。選手とスタッフがともに助け合い、勇気づけ、そして支え合える、全国…いや世界にも誇れるチーム、それが『YARIMASSE大阪』だったと思います。選手の皆さま、お疲れ様でした!私も微力ながらこのチームの一員として過ごさせてもらえたことに感謝致します。本当にありがとうございました!

 

…大会が終わり2週間が過ぎようとしていますが、選手の活躍と応援団の一体感が頭から離れません。今はまだその余韻に浸りながら…

『青黒~大阪~青黒~大阪~!魅せろGoal!貫けよ!大阪スタイル!!』

一覧へ
copyright